専用部材で簡単、美しい仕上がり

遮熱性

遮熱性フッ素樹脂塗装鋼板の塗膜には赤外線の反射特性が大きい着色顔料を使用しており、日射による鋼板温度の上昇を抑制します。日射反射率測定試験においても、遮熱性に優れていることが分かります。

断熱性

熱貫流率から断熱性能を比較しました。弊社金属サイディングは他の外壁材と比べて、室内への熱の流入を大幅に抑制します。

抜群の耐久性で安心長持ち

遮熱性フッ素樹脂塗装(焼き付け)
ガルバリウム鋼板

亜鉛めっき鋼板に比べ3~6倍の寿命が期待でき、酸性雨・酸性雪に強い「ガルバリウム鋼板」を使用。めっきの付着量はAZ150(付着量150g/㎡)で、AZ120に比べより高い耐食性を発揮します。上塗り塗膜は遮熱性に加え色褪せに強い「遮熱性フッ素樹脂塗装(塗膜変褪色10年保証)」を採用しています。

※1:55%アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板 ※2:亜鉛めっき鋼板とガルバリウム鋼板のめっき部の溶出量の比較

ガルバリウム鋼板はさびに強い素材です

海岸線から約7km地点にある施工後15年を経過した建物において、縦樋を取り付けている亜鉛めっき製の金具はさびていますが、ガルバリウム鋼板に赤さびの発生は見られません。

複合サイクル試験において、200サイクル(20年相当)でも、赤さびの発生は見られません。

試験方法:複合サイクル試験(JIS H8502)
塩水噴霧、乾燥、湿潤を組み合わせた、実際の環境に比較的近いとされる試験方法です。塗膜表面にカッターで傷を付けて試験を実施しています。
弊社社内試験による参考値で、性能を保証するものではありません。

色褪せにくく、塗り替え回数を削減

屋外における経年劣化を想定できる、超促進耐候性試験において、試験時間1,000時間(20年相当)でも、塗膜表面の色褪せはほとんど見られません。